校長室

ご挨拶

 

 私は、桐川 勲 前校長先生の後任として、この四月に着任しました校長の

髙汐康浩と申します。どうぞよろしくお願いいたします。3月までは、調布

市立第五中学校の校長として勤務をしておりました。桐川先生は、4月から

小笠原村教育長にご就任されました。                    校長 髙汐 康浩

 

 本年度がスタートし、早速、保護者の方、地域の方からたくさんのお話を伺うことができました。地域の方々からは励ましのお言葉をたくさんいただきました。そして、皆さんが生徒たちに積極的に関わってくださっていることに心から感謝しております。生徒がもっている力をどのように引き出し、どのような場面で発揮させるかは、生徒たちの成長を見守っている大人の役割であると思っております。今後も引き続き、学校の教職員はもちろんですが、保護者の皆様、地域の皆様にもそれぞれの役割の中で本校の生徒たち一人一人に寄り添い,向き合っていただければと思っております。

 さて、二宮尊徳が残した言葉に、

「かわいくば、五つ教えて三つ褒め、二つ叱ってよき人となせ」

というものがあります。子供を育てる本質を言い当てているのではないか、と思っております。生徒たちのよいところを見付けたら間髪を入れずに褒めます。褒められれば気分がよくなり頑張れる、頑張れるからうまくいく、うまくいくから褒められるという歯車を回していきます。しかし、叱るべきときは、タイミングを逃さず、はっきり、きっちりと叱ることも忘れてはいけないと思っております。叱られて、褒められることの価値が分かることも多くあります。

 今年度も府中二中スローガン

「真心、真剣、真理」

を掲げ、

・主体的に学びに向かう力を育てる教育

・豊かな知性を育てる教育

・豊かな感性を育てる教育

・豊かな社会性を育てる教育

・規範意識、基本的な生活習慣を育てる教育 (自己指導能力の育成)

・地域の安全を守る力を育てる教育

を行うために、教職員一丸となって取り組んでまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

 

学校経営について